ODROID-XU3 receives data from RuuviTag via Node-RED

RuuviTagから発信されているデータ”湿度、気温、気圧、加速度(x,y,z)”を、ODROID-XU3で受信テスト。ODROID-XU3では、OS:Ubuntu Mate, APP:Node-REDを使用。Bluetooth4.0をODROIDで受信するために、Bluetooth4.0+EPR/LEのUSBドングル(IO DATA USB-BT40LE)を使用し、WiFi USBアダプタ(IO DATA WN-G300VA)を使ってWireLessLANにてネットワーク接続をしています

ODROID-XU3 with USB-BT40LE and WN-G300VA recieve signal from RuuviTag

Ubuntu tablet 届きました

届いたものは、本体、カバー、画面保護シートです

本体パッケージの中は、タブレット本体とクイックスタートガイド、充電用USBケーブル、コンセントアダプター(ただし海外用)です

ですから、日本用コンセントアダプターは別途で購入が必要です。アダプターのアウトプットは5V,2A です

Hisilicon K3

Hisilicon K3

set up mobile server on Utilite

Compulab製ARM PC “Utilite” に、Apache,PHP,mySQL,vsftpd,samba,x11vnc サーバ、そして事務所LANアクセス用にopenVPNクライントを、さらにLibreOfficeもインストールしました(ただしUbuntu12.04互換なので、どれも標準でインストールできるバージョンが古いのですが・・・)。これとAndroidタブレット、WiMAXモバイルルータがあれば、出張メンテ作業に対応できそう、例えばクローズド環境に設置されたHMPのファームウェアのアップデートなどなど

  • Linux utilite-desktop 3.0.35-cm-fx6-6.3
  • Apache 2.2.22
  • PHP 5.3.10
  • phpMyAdomin 3.4.10.1deb1
  • mySQL 5.5.47

[Utilite スペック]

CPU:Freescale i.MX6 dual-core Cortex-A9 @1GHz
RAM:2GB DDR3-1066
Storage:Micro-SD 8GB
Display:dual head HDMI + DVI
LAN:2x GbE
Wireless:WiFi 802.11b/g/n + Bluetooth 3.0
USB:4x USB2.0 host + USB OTG

mobileServer

set up ownCloud server on ODROID-C1

ODROIDーC1へのownCloudセットアップを成功した環境は下記です

Linux odroid 3.10.80-141
nginx-1.8.1
mySQL ver14.14 distibution 5.5.47
PHP-5.5.9
PHPmyadmin-4.5.4.1
owncloud-7.0.4
*最新版owncloud-8では動作不可

データ保存用として、USB2.0接続の外付けHDD 250GBをマウントしました

C1がとてもコンパクトで省電力なので、DSネットワークにおけるDSplayerへのコンテンツ配信用webサーバとして利用が可能かと思います。ただ残念なことに、owncloudの最新バージョンでは動作できませんでした・・・ fpm経由だとダメなのかな

[ODROID-C1 スペック]

* Amlogic ARM® Cortex®-A5(ARMv7) 1.5Ghz quad core CPUs
* Mali™-450 MP2 GPU (OpenGL ES 2.0/1.1 enabled for Linux and Android)
* 1Gbyte DDR3 SDRAM
* Gigabit Ethernet
* 40pin GPIOs + 7pin I2S
* eMMC4.5 HS200 Flash Storage slot / UHS-1 SDR50 MicroSD Card slot
* USB 2.0 Host x 4, USB OTG x 1 (power + data capable)
* Infrared(IR) Receiver
* Ubuntu or Android OS

owncloudServer

Zooming DSsytem”YOURBORD2″player type3 “UDOO”

写真のtype3はSECO製UDOO dualです。現時点ではOSにAndroid4.4.2/kernel 3.0.35を採用します。type3の特徴はなんといっても、Freescale i.MX 6 ARM Cortex-A9 CPUとAtmel SAM3X8E ARM Cortex-M3 CPUの2種類のCPUを搭載し、デジタルとアナログI/OをAndroidを使ってArduinoで制御できるとういうこと。ですから”YOURBORD2”では、モニタ表示に合わせて、商品が置いてあるフェイスのLEDが点灯するとか、ディスプレイされている商品にスポットライトが当たるというような「演出」も付加できるようになりますね

DSplayer_type3-udoo

Zooming DSsytem”YOURBORD2″player type2 “Utilite2”

写真のtype2はCompulab製Utilite2です。現時点ではOSにAndroid4.4.3/kernel 3.4.0を採用します。desktopコンピュータとして完成され、WiFi標準搭載です。Qualcomm/Snapdragonを搭載し、AndroidPCとして信頼性の高い出来上がりです

CPU: Qualcomm® Snapdragon™ 600 (APQ8064) quad-core @1.7GHz
RAM: 2GB DDR3-1066
Storage: eMMC 4GB, mSATA socket
Display: HDMI 1.4a
LAN: GbE
Wireless:WiFi 802.11b/g/n + Bluetooth 4.0
USB: 4x USB2.0 host + USB OTG

DSplayer_type2-utilite2

Zooming DSsytem”YOURBORD2″player type1 “ODROID”

写真のtype1はHardkernel製ODROID-XU3lite、実際に使用するのはXU4です。現時点ではOSにAndroid4.4.4/kernel 3.10.9を採用します。kernelが新しいので多くの種類のタッチモニターを利用でき、1080PをソフトウェアデコードしてもCPU使用率が50~60%程度という強力なCPU(オクタコア)です

Samsung Exynos5422 Cortex™-A15 2Ghz and Cortex™-A7 Octa core CPUs
* Mali-T628 MP6(OpenGL ES 3.0/2.0/1.1 and OpenCL 1.1 Full profile)
* 2Gbyte LPDDR3 RAM PoP stacked
* eMMC5.0 HS400 Flash Storage
* 2 x USB 3.0 Host, 1 x USB 2.0 Host
* Gigabit Ethernet port
* HDMI 1.4a for display
* Size : 82 x 58 x 22 mm approx.(including cooling fan)

DSplayer_type1-odroid