発表! ”UDOO Neo”

Freescale社のアプリケーション・プロセッサ ” i.MX 6soloX “を搭載したローコストなシングルボードコンピュータ”UDOO Neo”が発表されました。このチップは優れたリアルタイム性を持つCoreTex-M4コアとCoreTex-A9コアを統合しています。従って、このコンピュータではArduinoの高い操作性とローコスト&コンパクトを両立させています。さらに、ビデオカメラからのアナログ入力、加速度センサー、磁気センサー そして、ジャイロセンサーまで、このボードには搭載されているんです! 姿勢制御やナビゲーションに利用できる他、IoT(Internet of Things)に通じる面白い工作に使えそうです

UDOO公式発表はこちらから

udoo_neo_datasheet

UDOO_neo_up2UDOO_neo_down2

It is Cool for DOOH! “Weather Unlocked API”

天気予報関係の探しものしてたら見つけた、とってもクールなサイネージ用API “Weather Unlocked” 。提携している天気予報サイトに連動して、気温が**度を超えたらトリガーを渡すなど、天気にまつわるいくつかの数値に連動させて、プログラムを制御できるというスグレモノ・APIです。Weather Unlocked が提携する天気予報会社は一応ワールドワイド で日本の主要都市でもカバーしているようだが、予報精度が???。日本でも同様のサービスを始めたら面白いかも! 天気によって売れる商品が異なるから、授業員の手を煩わさず、店頭のサイネージが切り替われば、販売チャンスのロスを最小限にできると思う!Weather Unlocked

アンビリーバブルなバス停編 ペプシ・マックスAR・DOOH part3

ロンドンのニュー・オックスフォード・ストリートのバス停。シンプルなガラスで囲まれていると信じているバス停で、バスを待つ人はアンビリーバブルなイベントを体験することになります:空飛ぶ円盤の接近、流星の落下、地下から出現する巨大なタコ等。

モンスター・ミラー編 ペプシ・マックスAR・DOOH part2

ペプシマックスは、最近のハロウィーンでのいたずらとして、ロンドンの映画館で、トイレの来場者を震え上がらせました。フェイス・トラッキング、AR(拡張現実)とデジタルサイネージを、洗面台の鏡に組み合わせた「モンスター・ミラー」で!

タイム・トンネル編 ペプシ・マックスAR・DOOH part1

ロンドン・ブリッジにある暗くて寒いトンネルで、ペプシ・マックスが、ハイスピードなAR(拡張芸術)と仮想立体プロジェクション技術を使って、何も知らない通行者にショックを与えています
通行者が普通のトンネルに見える路地は、ちょっとしたデジタルサイネージ・トリックで、「タイム・トンネル」に変身、照明効果の追加は、驚く程、リアルな効果を演出する助けになっています

開発用コンピュータをARM系3機種にフォーカス

各種センサや外部機器を制御するコンピュータとして「UDOO」、タッチモニター(マルチタッチ含む)用インタラクティブなコンピュータとして「ODROID-XU3Lite」、サイネージを中心とした汎用コンピュータとして「ODROID-C1」。いずれもARM系で軽量コンパクトなシングルボードコンピュータです。私達が開発するソフトウェアは、ほとんどがそのソフト専用で使用されるので、いっそのこと「ソフト・インストール済、動作検証済、専用コンピュータ」として出荷することが、トラブルを最少にできると思ったためです

上:UDOO、下:ODROID-XU3LiteUDOO-XU3Lite

 

 

 

 

ODROID-XU3LiteODROID-XU3Lite

 

 

 

 

ODROID-C1ODROID-C1

 

スマホ・ゲーム+TVCM企画で売上18%増!-Enjoy! DOOH

マクドナルト(スウェーデン)のスマホ+TVCM企画「フルーツ・マッチ・ゲーム」。
概要は、TVCMの最後に表示されるフルーツと参加者がスマホゲームで選択したフルーツが一致したら、スムージの無料クーポンがもらえる。
参加方法は、TVCMを見たら、事前にダウンロードしておいたフルーツ・マッチ・ゲームを開始(TVCM頭でゲーム開始を促す)→フルーツを選ぶ(TVCMはスムージの商品広告を上映)→選んだフルーツとCMの最後に放送されるフルーツが一致すれば無料クーポンをダウンロードできるようになる。
ゲームがTV番組表と同期(=時刻同期)することにより、参加者はTVCM自体と同期しているように感じます。もちろん、TVCMへの注目度が高まりますよね! このシンプルなゲームとTVCMとの連動で、売上18%増とのことです。(写真クリックで原文とビデオ)

原文:http://creativity-online.com/work/mcdonalds-fruit-match/36994

macFruits

オンライン・ハイタッチゲーム -Enjoy! DOOH-

オランダ航空(KLM)が実施した”Live High Five”キャンペーンのDOOH展開です。このキャンペーンはライブイベントとしても各地で実施されていて、キャンペーンのシンボルが「ハイタッチ(=High Five)」になっています。そこで、アムステルダムとニューヨークの街頭に、インタラクティブDOOHを設置し、リアルタイムで相互の参加者がハイタッチをしてもらいます。そして、そのハイタッチがうまくできたかどうかで、航空券を貰えたりできるようですね。詳しくはKLMのリリースから:楽しくなければDOOHじゃない! Enjoy! DOOH

 

BLE(Blue tooth LE) 対 NFC(Near Field Communication)のどっち?

BLEvsNFC“Felica”に代表されるNFCに対して、BLEの改良版でiPhoneやAndorid4.3以降に搭載される”iBeacon”どちらが、自分たちが習得すべき技術か、ほんのちょっと考えました。結果、下記参考文献を読んだ結果、まずはBLE(and iBeacon)かなと思いました。皆さんのご意見お待ちしております。

(参考文献)

http://www.mobilepaymentstoday.com/blogs/ble-vs-nfc-the-future-of-mobile-consumer-engagement-now-infographic/

http://blog.paygent.co.jp/ec/bid/345454/BLEとNFCの覇権争い-次世代のモバイル決済の仕組みはどちらが勝つのか

http://blogos.com/article/84722/

DSE2014 Apex Award 金賞受賞のDOOH・AR広告

Kirshenbaum Bond Senecal社とそのパートナーそしてSpies&Assassins社が、BMW電気自動車の認知度向上のために制作した広告です。
マンハッタンのミッドタウンにある街頭に面するウィンドウに設置されました。場所は、42番街と6番街との交差点。その場所の「交通」をリアルタイムでキャプチャするための3台のカメラ、ウィンドウにはリアプロジェクション投影用スクリーンとして3M製Vikuitiを貼り付け、そして、その内側には、80,000ルーメンのプロジェクター2台が設置されました。そして、Spies&Assassins社により新たに開発された、ビデオ画面上において、リアルタイムで、実際の車の軌跡にBMW電気自動車コンセプトカーをマッピングするための特別なソフトウェアにより、実現されたとのこと。

原文提供 http://screenmediadaily.com/kirshenbaum-bond-sweep-dse-2014-apex-content-awards/