NYFashionWeek2012のブルーミングデールでKinectが活躍

Kinectとインタラクティブウィンドウのコラボレーションが、ニューヨーク・ファッション・ウィークに登場しています。それは、小売店の店頭で最新のスタイルをデモンストレーションする新しい方法を提示しています。その方法の中核は、ブルーミングデールに設置されている仮想化粧室”Swivel”です。それはフィッテイングルームでたくさんの洋服を試すためのたいへんな仕事をせずに、あなたが素早く確かめられるようにします。アトランタ、シカゴ、マイアミ、ロサンジェルスおよびサンフランシスコなどアメリカ国内ブルーミングデール20店舗で、このシステムが設置されています。”Swivel”は、Kinectをコントロールするアプリケーションとそこから得られたデータを活用するアプリケーションで構成されています。Kinectアプリケーションは、FaceCake Marketing Technologiesによって開発されました。そして、ファッション・ウィーク期間中、ブルーミングデールで実施されている機能には、Printing Dressと呼ばれるマイクロソフトリサーチプロジェクトの仮想化研究が導入されています。Kinectアプリケーション”Bodymetrics”は、顧客が最高のふさわしいジーンズを見つけだすのを支援するために顧客の身体測定をおこないます。そして”Swivel”は、下記のような働きをします。あなたの体を検知し、スクリーンにあなたのイメージを表示します。そして、顧客の体の骨組および3D深さデータを測り、製品ディスプレイ・アプリケーションに提供します。新しい衣装を選択するために手を振ってください。そうすれば、それはほとんどすぐにあなたの体にフィットされます。そして回転すれば、異なる角度から衣装を見ることができます。最後に、あなたの写真を撮ることができます。安全なタブレット共有の仕組を使用することにより、、ソーシャル・ネットワーク上の友達と、好きな衣装を着たあなたの姿を、共有して楽しむことができます。

ヨーロッパ中の壁にデジタル落書き

Vimeo Awardを受賞したインタラクティブ・プロジェクション作品。赤外線追跡装置を装着したローラーを使って、ヨーロッパ中の壁に、デジタルコンテンツを”ペイント”する落書きプロジェクトです。

触覚がトランスフォームする

ディズニーがスクリーンの外部で着用可能な触覚技術を公表しました。その技術は日常のオブジェクトをどのように感じるかをトランスフォーム(変換)させることができます。皮膚のまわりに電界を作るために、”Reverse Electrovibration”と呼ばれる技術に基づいた技術”REVEL”は、その着用者の体に弱い電気信号をいれます。この技術は日常のオブジェクト上に非常に特殊な触覚テクスチャをつくりだし、タッチデバイスにおいて画面に表示されたコンテンツに対し、触覚レスポンスを割り当てるために使用されます。モバイル&ウェアラブルなシステムは、安価で、公共のタッチディスプレイ上においてパーソナライズされたコンテンツを適用できるような仕組を検討するべきでしょう。そして、これらの触覚技術の目標は視聴覚障害がある人々に役立つことです。

行楽からの帰宅後すぐに必要な日常品を、空港や駅からオンラインショッピング

韓国でのTESCO最初の試みは、商品写真とバーコードを印刷したフィルムを貼りつけたコルトンボックスでした。イギリスでは80インチ程度のタッチディスプレイを使った対話型キオスクを新しく採用しました。行楽客は、空港にあるこのオンライン・ストアから 彼らが帰宅するまでに、食料品が自宅に配達されるよう手配することができます。大画面のコンテンツは、仮想的な冷蔵庫又は食品保管棚のようにデザインされ、棚をスクロールすることにより、合計80種類の製品を選ぶことができます。そして、スマホにインストールされたテスコのオリジナルAPPを使って製品のバーコードを撮影すれば、自動的にオンラインショッピングを楽しむことができます。