【Disney実験】植物がタッチインターフェイスに

ディズニー・リサーチの科学者は、少し奇抜ですが魅力あるプロジェクト”Botanicus Interacticus”によるタッチ・インターフェースに基づいた植物を開発しました。このプロジェクトは、異なる方法で葉に触れることにより、ユーザがどのようにオーディオとビデオ信号をコントロールすることができるかを実証しています。プラントの土に置かれた電極、それは、マルチタッチやジェスチャーなどを制御し表示するためのセンシティブなコントローラー。”Botanicus Interacticus”は、”Swept Frequency Capacitive Sensing (SFCS)”技術を、葉に割り当てています。それは、標準の投射型静電容量センシング技術によって検知された単一の周波数ではなく、多数の周波数の電気信号を検知します。学習アルゴリズムと結び付けられた時、様々なジェッチャーやタッチは、確実に高精度で検知することができます。ディズニーは、この実験をロサンジェルスで開催されたSigraph 2012のインタラクティブ・テクノロジー・エキジビジョンにて、「augmented garden」として公開し、来場者は、様々な視覚や音響効果を創りだす多くの植物たちに触れることができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください