マイクロソフト発 拡張現実 「SemanticMap」

MicrosoftのそれはSemanticMapと呼ばれ、ARの内容が、ユーザの現在位置、何を探しているのか、などによって変わります。。Googleメガネのように特殊な装置をユーザが身につける必要はなく、Microsoftがこれまで手がけてきた3つの基本技術を利用して実現しています。その3つの基本技術は、「 顔分析、ジェスチャー認識、近接検出」です。これらの一部はすでに、Kinectで効果的に利用されています。このビデオでは、マイクロソフトの‘超現実’な技術が女性を助けて、標識等のない巨大な迷路のようなオフィスを案内します。実際には、マーケティングキャンペーンやゲームなど、単純に情報を表示するだけでは足りない世界で真価を発揮するでしょう、わざわざ眼鏡を使ったり、スマートフォンの拡張現実アプリを使うのが、大仰すぎるかもしれないと思ったら。このデモはデジタルサイネージ市場の奥行きの深さも感じさせますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください