Kinectが、入院する子供たちの心のケアをサポート

アメリカ・マイアミにあるユニークなガン治療センターでは、Kinect等のインタラクティブな設備を活用した、子供たちが楽しめるオープンな共有スペースを設けています。 このスペースでは、対話型スクリーンで子供たちの興味を引くことによって、彼らが異なる環境に連れて行かれることについての不安を取り除くことに役立てています。ここで、彼らはテディベアやカエルやロボットたちと親しくなり、リアルタイムにこのキャラクターたちの動きをコントロールすることができます。このスペースを設ける目的は、魅力的なエンターテイメントや遊びで、子供の患者さんとのつながりを深めるだけでなく、彼らが直面している治療への恐怖心を軽減することにも役立たせたいと考えているとのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください