日本語環境の構築 UDOO-report08

UDOOに日本語環境を構築します。今回設定した環境はLinaro Ubuntu12.04 LTS ですが、これは、UDOObuntu ver1.0 でも問題ないかと

1.日本語キーボード
*方法1 GUI
System Setting → Keyboard Layout→Layouts→”+”→Japanease
*方法2 CUI
$ sudo apt-get install console-data
「The keymap records the layout of symbols on the keyboard. …」の画面が表示されるので「OK」を押下します。
次に「Policy for handling keymaps: …」の画面が表示されたら「Select keymap from full list」を選択して「OK」を押下します。
次に、「If the keyboard is disigned for a different computer architecture, …」の画面が表示されたら「pc / qwerty / Japanese / Standard / Standard」を選択して「OK」を押下します。

2.日本語フォント(システム全体に適用)
*IPAゴシック(ipag.ttf)とIPAゴシックプロポーショナル(ipagp.ttf)をDLしてDesktopに配置、そしてインストール
$ sudo cp /home/<user>/Desktop/ipag.ttf /usr/local/share/fonts
$ sudo cp /home/<user>/Desktop/ipagp.ttf /usr/local/share/fonts
すぐに反映されない場合は、下記を実行
$ sudo fc-cash -fv

3.日本語表示
日本語と英語パッケージをインストールし、日本語をデフォルトに
$ sudo apt-get install language-pack-ja language-pack-en-base
$ sudo update-locale LC_ALL=”ja_JP.UTF-8”
$ sudo update-locale LANG=”ja_JP.UTF-8”
$ sudo update-locale LANGUAGE=”ja_JP.UTF-8”
$ sudo dpkg-reconfigure locales
$ sudo reboot
/etc/default/locale に下記記述があるか確認(なければ作成する)
LANG=”ja_JP.UTF-8”
LANGUAGE=”ja_JP.UTF-8”
LC_ALL=”ja_JP.UTF-8”
$ sudo locale-gen ja-JP.UTF-8
$ sudo dpkg-reconfigure locales
$ sudo reboot

4.日本語入力(ibus-anthy)
It comes with stable version, 1.4.1.
$ sudo apt-get install ibus ibus-clutter ibus-gtk ibus-gtk3 ibus-qt4
$ sudo apt-get install ibus-anthy
$ im-switch -s ibus
#ログアウトそしてログイン
$ ibus-setup  #Japanease(日本語)に設定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください