Episode 02 / develop DS player with SBC

結果はEpisode01の通り、今回はそこに至るまでに気づいたことのあれこれ

モバイル市場においてAndroidが登場し注目されるようになってから生産が始まった韓国(Samsung製Exynos)や中国製(Rikomagic,Allwinner)のSoCは、Andoroidに最適化さ
れ、それに対しモバイル市場をNOKIAが牽引し以前から組込み用コンピュータで使用されてきた欧米製SoC(Freescale,Qualcom,TI,Broadcom)では、基本が組込み用Linuxがベースとなっているようだ

ODOROID-XU3lite/CPU:Exynos GPU:Mali では、Android4.4.4/Android Media Frameworkで開発することしか解決策を発見できず、Android上でのFramework”Kivy”や”PyQt”での動作は確認(Pygletは未確認、KivyはBuidozerでAPKファイルにトランスレートするかランチャをインストールしてKivyコードを実行、ただしいずれの場合もHWaccelerationは無効、本機Android上でHardwareAccelerationを有効にするには、NativeにてAndroid Multimedeia Framework/OpenMAXを活用するのがよさそう)できたので、これらのFrameworkでの開発がGoodと判断。更に木曽さんの協力により、stageVIDEOを利用したAIRプログラムにおいてHardwareAccelerationも有効になることが確認でき、very good!!  LubuntuでPyQtを使用した場合、ビデオ再生でPhonon.VideoPlayer Classが使用される。このclassの基本メディアエンジンとなるGStreamerでは、XU3上において、HardwareAccelerationを適応できない。他のエンジンとしてVCLが考えられるが、GStreamerを削除しなくてはならずリスクが大きすぎるので却下した。

ODROID-C1/ CPU:Amlogic S805 GPU:Mali では、Lubuntuにおいて、XU3と同じくGStreamerでのHardwareAccelerationを適用できないが、Kodi Player(旧XBMC)でHWaccelerationを適用できる。こちらもAndroid4.4.2上では、XU3と同じくKivyの動作確認はできたが、ただし、1080P出力は不可720Pまで、またHardwareAccelerationが無効なため、実際プレイヤーとしては使用不可。stageVIDEOを利用したAIRプログラムにおいては音は出力されるが絵が出力されなかった。

ODROID-XU3lite とC1の総評として、XU3lite+Androidはプレイヤーとして使用可能、XU3とC1+Lubuntuではプレイヤといっしょに設置するマイクロWWWサーバとして利用可能と考えます(ARMは、メモリ小ということもあり、マルチタスク不可、デュアルタスクまでと考えると、WEBとの連携したサービスを実現する上では、マイクロWWWサーバもいっしょに設置する必要があると考えました)

INFORCE6410plusは、Linaro(組込みLinux/Ubuntu)に完全互換。KivyもPPAからすんなりインストールしアップデートもOK。もち、すんなりKivyを直接再生可能!! QT及びPyQTは今後引き続き検証します

UDOO Quad and DUAL/Freescale製i.MX6なので、Linuxが基本。Kivyの実装はできない。しかし、インストールされているGStreamer-0.10とi.MX Linux Multimedia Framework で、HWaccelerationによるHDの再生を実現しているi.MX Linux Multimedia Framework の使い方がいま一歩理解不足だが、基本的にGStreamerが使用できるので、PyQtで可能なように思われるが、要調査。また、Udoobuntu02のβ版が公開されたので、この検証も引き続き実施予定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です